歯を失ってしまった方のための治療

歯を失った際はなるべく早く歯科医院に行きましょう

歯を失った際はなるべく早く歯科医院に行きましょう

虫歯や歯周病などの病気や、不慮の事故など歯を失う理由はさまざまです。歯が抜けたまま放置すると、見た目が悪いだけでなく、残っている歯に悪影響を与えることがあります。早めに歯を補う治療をすることで、その機能を回復することが大切です。

市営地下鉄四つ橋線「北加賀屋駅」より徒歩7分、大阪市住之江区の歯医者「かなざわ歯科」では、失った歯を補うための治療として「インプラント治療」や「入れ歯治療」を行っています。歯を失ってしまった際は、なるべく早く当院までご相談ください。

インプラント治療~快適に咬める喜びを取り戻します~

生体親和性が高いチタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、それを支台にして人工歯を被せる治療法です。見た目がキレイであり、異物感や違和感が少ないため、自分の歯のような咬み心地を味わえます。

インプラント治療とその他の治療の比較

失った歯の機能を補う治療法には「インプラント治療」のほか「ブリッジ治療」「入れ歯治療」があります。その3つを比べてみましょう。

インプラント治療 ブリッジ治療 入れ歯治療
インプラント治療 ブリッジ治療 入れ歯治療
手術の必要がありますが、インプラントの上にセラミック製の被せ物をすると、見た目も咬み心地も自然に仕上がります。また、インプラントを顎の骨に埋め込んでいるため、周りの歯に負担をかけずに済みます。 失った歯の両脇に残った歯を削り支えにして、その上に連なった人工歯を被せる治療です。違和感はないのですが、健康な歯を削らなければならないというデメリットがあります。 失った歯の本数に合わせて入れ歯(義歯)をつくります。バネをつけて装着する「部分入れ歯」と、粘膜にのせるだけの「総入れ歯」があります。ある程度の大きさがあるので装着時の違和感があり、咬む力が弱い傾向があります。
インプラント治療のメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 周囲の歯を傷つけたり負担をかけたりしません
  • 自分の歯のように硬い物がしっかり咬めます
  • 見た目が自然でキレイです
  • 人工歯根を埋め込むので顎の骨が痩せにくくなります
  • 外科手術が必要です
  • 保険が適用されないため治療費が高価です
  • 糖尿病などの全身疾患がある場合や、顎の骨の状態によっては、治療を受けられないことがあります
症例写真
  • 症例写真
  • 症例写真

歯牙移植~自分の歯の移植なら成功率が高まります~

お口の中に抜歯が必要な歯がある場合、普段咬み合わせにあまり関与しない自分の歯を抜いて、失った箇所に移植することがあります。それを歯牙移植といいます。そのとき、移植する歯として使われるのが多いのが、健康な親知らずです。自分の歯を使用するこの「自家歯牙移植」は、安全に移植できる確率が高いのが特長です。

自家歯牙移植でしたらインプラント治療よりも治療費が抑えられますし、ブリッジ治療のように周りの健康な歯を削らずに済みます。諸条件が揃っている場合は保険が適用されますので、どの範囲が保険適用なのかを確かめたいときは、お気軽に当院までご相談ください。

歯牙移植のメリットとデメリット
メリット デメリット
  • 入れ歯やブリッジのように周囲の歯を削る必要がないので、
    健康な歯への負担を軽減する。
  • 自分の歯を使用するため、アレルギーを引き起こす可能性が低い。
  • 歯根膜(しこんまく)がクッションのような働きをすることで、
    違和感がなく安定して食べ物を咬める。
  • 親知らずを移植する場合は、
    保険診療内で治療を行うことができるので治療費を抑えることができる。
  • 外科手術が必要になるので、
    アレルギーをお持ちの方などは治療をできない場合がある。
  • 年齢や口腔内環境によって、手術を行なえない場合がある。
  • 治療後の定期的なメインテナンスが必要になる。
  • 移植する健康な親知らずがない場合は、治療できないケースがある。
症例写真
  • 症例写真
  • 症例写真

入れ歯治療~手術をせずに歯を補えます~

手術の必要がなく比較的手軽に失ってしまった歯の機能を補うことができるのが入れ歯治療です。しかし、「入れ歯は見た目がよくなくて、合わなくて、よく咬めない……」そんなイメージがあるかもしれません。入れ歯における不具合は、サイズが合っていなかったり咬み合わせがずれていたりすることで起こります。つまり、これらの問題は入れ歯がお口にぴったり合っていれば解決できるのです。

入れ歯の特徴

入れ歯治療には健康保険が適用できるため素材は限定されますが、治療費を安く抑えられます。また保険の入れ歯は、合わなくなってきたときに修理がしやすいのも特徴です。

多少治療費が高くなっても、なるべく自然な見た目にしたいのであれば、自由診療の入れ歯を選びましょう。当院ではやわらかいシリコン義歯やクラスプレス義歯なども扱っています。

レジン床義歯(保険の入れ歯)

床部分がレジン(歯科用プラスチック)でつくられた入れ歯です レジン床義歯(保険の入れ歯)
メリット デメリット
  • 保険適応なので比較的安価です
  • 作製期間が短めです
  • 比較的簡単に、加工・調整ができます
  • 床に厚みがあるので、装着感がよくないことがあります
  • 見た目で入れ歯と分かりやすいです
  • 食べ物の熱を感じる、歯ごたえを楽しむことには不向きです
  • 長期的にみると変色・摩耗し、耐久性が高くありません

コンフォート(自由診療のやわらかいシリコン義歯)

床の部分をやわらかい素材の「生体用シリコン」で覆った自由診療の入れ歯です コンフォート(自由診療のやわらかいシリコン義歯)
メリット デメリット
  • 吸着性や密閉性が高くフィット感に優れています
  • 入れ歯と歯ぐきの間に物が挟まることによる痛みを軽減します
  • 咬んだときの負荷が緩和されるので、痛みが出にくい入れ歯です
  • 自由診療のため、比較的高価です
  • シリコン部分に汚れがつきやすく、汚れを洗い落とすのに手間がかかります

TUMデンチャー(自由診療クラスプレス義歯)

歯茎にあたる部分に弾力性のある素材を使った、バネ(クラスプ)のない自由診療の部分入れ歯です TUMデンチャー(自由診療クラスプレス義歯)
メリット デメリット
  • クラスプがないため、目立ちにくいです
  • 周りの健康な歯に負担がかかりません
  • フィット感、審美性に優れています
  • 金属アレルギーの心配がありません
  • 歯の欠損状態によりつくれないことがあります
  • 自由診療なので比較的高価です
  • 修理や調整が難しい入れ歯です
入れ歯治療の流れ
STEP1 カウンセリング STEP2 診査・検査 STEP3 治療計画 STEP4 型採り・模型作製
現在の症状やお悩みを詳しく伺います。 レントゲン撮影などで、お口の中の状態を検査・診査します。 検査・診査をもとに、治療計画を立案。入れ歯の種類や治療期間、治療費などについてご説明します。 治療計画にご納得いただけましたら、型採りです。精密な印象採取を行い、模型をつくります。
STEP5 入れ歯作製 STEP6 装着テスト STEP7 完成 STEP8 調整
模型をもとに、入れ歯を作製します。 入れ歯を装着して、歯並びや咬み合わせ、吸着度合などをチェックします。 前回の装着テストでのチェック項目を改善して、完成です。 装着後は、定期的にご来院いただき、細かく調整。快適な装着感や使用感を保ちます。
診療内容について